◇パ・リーグ 楽天4―8オリックス(2017年8月11日 京セラドーム)

 楽天の岸が移籍後ワーストの6失点で5敗目を喫し、首位の座を試合のなかったソフトバンクに明け渡した。

 序盤から制球に苦しみ「無駄な四球が多すぎた。序盤に修正できず余計なことを考えすぎた」と反省した。

 2回2死満塁からT―岡田に押し出し四球で先制点を許すと、2―1の4回にも四球や暴投でピンチを招き、痛打を浴びて5失点で逆転された。際どい球がボールになるなど、判定に泣いた部分もあったが「それは仕方ないこと」と言い訳をせず、与田投手コーチは「長いシーズンでこういう試合も1試合くらいある」とかばった。

 次回登板は中6日で18日のソフトバンク戦の予定。首位を争う相手に対して名誉挽回の好投が期待され、岸も「次、また頑張ります」と話した。 (黒野 有仁)