中団で脚をためたヒロシゲゴールド(牡=北出、父サウスヴィグラス)が初陣V。直線外に持ち出すと矢のような伸びで、先に抜け出したペガッソを鼻差捕らえて差し切った。

 幸は「まだトモに緩さが残るが、しまいはいい脚だった。これからもっと良くなると思う」と好感触。北出師は「思った通りのレース。こういう競馬ができれば今後につながるはず。距離は千四ぐらいになると思う」と話した。次走は未定。