ソフトバンクの和田毅投手(36)が12日、タマスタ筑後で行われたウエスタン・リーグ広島戦で実戦復帰を果たした。4月7日の西武戦以来、127日ぶりのマウンド。3回途中まで投げ、1安打無失点だった。

 初回、いきなり先頭の庄司を変化球で見逃し三振。続く梵に左翼線への二塁打を許したが、二ゴロ、右飛に打ち取った。打者8人に37球、最速は142キロで3奪三振。「真っ直ぐでも変化球でも三振を取れたし、四球がなかったのは大きい」とうなずいた。

 和田のタマスタ筑後、初登板に多くの観客が詰めかけた。2回1死としたところで降板がアナウンスされるとため息が漏れたが、マウンドから降りる際は大拍手が沸き起こった。この日は“若鷹夏祭り”と称し、選手は鷹の祭典のユニホームを着用。「若鷹夏祭りで、僕は若くないけど、今年はユニホームを着られないと思っていたのでありがたい」とはにかんだ。

 問題がなければ、中6日で19日のウエスタン・リーグ中日戦(タマスタ筑後)で登板する見込み。「70、80球投げられれば」。早期復帰を目指しており、「9、10月に戦力になれるように、チームに貢献したい。後退することなく調整していきたい」と力を込めた。