◇セ・リーグ 阪神2―1DeNA(2017年8月12日 横浜)

 福留様々や!阪神・福留孝介外野手(40)が同点の延長10回に決勝の12号ソロ。史上61人目の通算250本塁打を達成し、今季本塁打を打てば、チームは12戦全勝となった。

 「芯に当たってくれたので感触は良かった。スタンドに届いてくれてよかったです」。1死から6番手・砂田の2球目を左翼ポール際にライナーで突き刺した。通算250号には「あまりピンと来ません。数えているわけではないので」とそっけなかったが、本塁打の連勝記録には「いいことです」と笑みを浮かべた。

 0―1の8回には投手強襲の同点打。全2打点を叩き出し、3回には田中浩の右中間への打球を頭から飛びこんでダイビングキャッチ。40歳とは思えない美技も披露した。

 9日の巨人戦(東京ドーム)で1点を追う9回に同点の三塁打に、決勝のホームインと激走を見せた。10、11日のゲームはスタメンを外れたが、やはり頼りになる存在。金本監督も悩ましいところだ。