小倉5Rで2着に入線したペガッソの浜中が、最後の直線コースでの騎乗ぶりについて、8月19、20日の2日間の騎乗停止処分を言い渡された。浜中は、最後の直線コースで外側に逃避した同馬の状態を確認した後、追う動作を緩め、再び追いだして2着となったが、この騎乗ぶりが騎手としての注意義務を怠ったと判断された。