しまい勝負に徹した3番人気のマサハヤドリーム(牡5=今野、父メイショウサムソン)がV。レースは逃げて2連勝中のコパノマリーンが飛ばし、序盤から馬群は縦長。マサハヤはギリギリまで追い出しを我慢して、直線外から一気に突き抜けた。

 和田は「うまく展開も向いたし、以前に比べて落ち着きがあった。強い内容でしたね」と笑顔。今野師は「折り合いがついて、距離をこなせるようになってきた」と充実ぶりを話した。次走は未定。