◇セ・リーグ DeNA8―2阪神(2017年8月13日 横浜)

 DeNAが13日の阪神戦を11安打8得点で快勝。連敗を2で止め、再び阪神に3ゲーム差まで詰め寄った。

 先制を許した直後の2回に倉本、桑原の連続適時二塁打で逆転すると、4回には筒香の2戦連発となる18号2ランで加点。さらに6回に再び筒香が2打席連発19号2ランを放って勝負を決めた。

 投げては7月12日広島戦以来の登板となったドラフト1位ルーキー・浜口が6回1失点8奪三振の好投で7勝目。阪神戦はこれまで3試合に先発し無傷の3連勝となった。

 一方の阪神は3連勝ならず。6年目で一軍初先発の松田が2回3失点と期待に応えられず2敗目。救援陣も失点を重ねた。