◇明治安田生命J1リーグ・第22節 鹿島1―3川崎F(2017年8月13日 等々力)

 鹿島は大岩監督就任後、公式戦初黒星を喫した。リーグ戦の無敗記録は9でストップ。クラブ最長記録に並んでいたアウェーでの無敗記録も10で止まった。守勢だった前半終盤、指揮官は「前線に人数をかけたい」と伝統ともいえる4―4―2の布陣を3―4―2―1に変更し、直後に失点。「やり慣れていないせいか、ボールをうまく動かすことができなかった」と攻守で連動性を欠いた。

 GK曽ケ端は「フォーメーションどうこうより、川崎Fの方が厳しく激しく、全体的に上回っていた」と反省。終盤に今季5点目を決めたFW鈴木は「次の試合で本当の真価が問われる」と切り替えた。