3連勝中の勢いを評価されて断然の1番人気に推されたテイエムジンソクだったが、結果は無念の2着。2番手から抜群の手応えで直線を向いたものの、逃げるドリームキラリをかわすのに手を焼く。ようやくねじ伏せたところを外からロンドンタウンに差された。

 「うまく回ってこられたと思うし、自分の時計はさらに詰めているんだが…」と古川。最後は「いや〜差されるとは思わなかった」と天を仰いでいた。