昨年2着のダノンリバティが今年は3着。好位から直線は前を行くウインガニオンの内を突いたが首差及ばず、松若は「4角すぎで進路を迷った分が最後で出た」と悔しそうな表情を浮かべた。

 それでも新潟マイルでは2、2、3着と常に安定した走りを披露。鞍上は「具合は良かったし、最後は伸びている」とパートナーをねぎらった。