サトノダイヤモンド(牡4=池江)に同行して凱旋門賞(10月1日、シャンティイ芝2400メートル)に挑戦するサトノノブレス(牡7=同)の鞍上が川田に決まった。

 池江師は「オーナーと相談して、フォワ賞も凱旋門賞も川田騎手でいくことになりました」。両馬は共に栗東で調整中で、同舞台で行われる前哨戦・フォワ賞(9月10日)をステップに本番へ。17日に国内最終追い切りを行う予定。