◇セ・リーグ 巨人6―1DeNA(2017年9月17日 東京D)

 巨人が同率3位で並んでいたDeNAとの今季最終戦に6―1で完勝。単独3位に再浮上した。

 ドラフト2位ルーキーの畠が投げては5回までDeNA打線を無安打に抑え、結局7回で5四球を与えながらも2安打無失点。打っては4点リードで迎えた5回1死満塁から中前へプロ安打を放ってプロ初打点もマークするなど大活躍してチームを勝利に導いた。

 お立ち台に上がった畠は好投についてインタビュアーに聞かれても「ナイスバッティングでした!」と3度答えてご満悦だったが、高橋監督も「本人も僕もびっくりしてますけど」と苦笑い。本職の投球については「安打はあんまり打たれなかったが、少し苦しいイニングもあった。ただ、粘り強くというか、よく投げてくれたと思っています」と評価した。

 6点リードながらも8回からはマシソン、9回からは守護神カミネロをマウンドへ送る盤石リレー。カミネロは3安打を打たれて1点を失ったが、逃げ切った。「いい形でリードしていたし、きょうに限ってはこういう展開でも2人でいく、と」と負けられない1戦を振り返った。