DeNAがドラフト1位で指名した立命大の東克樹投手(21)=170センチ、76キロ、左投げ左打ち=の入団が15日、決まった。京都市内のホテルで交渉し、契約金1億円、年俸1500万円で合意した。

 東は「ドラフトの時、まさか単独1位で指名されるとは思っていなかったので、心の底から喜びました。仮契約を終えて、だんだんプロの世界への実感が沸いてきました。自分はコントロールと、ストレートとチェンジアップのコンビネーションが持ち味です。現役20年を目標に、息の長い投手になりたいです」とコメントを発表。来季の目標を「10勝を挙げて、新人王」と笑顔で語った。

 東は150キロ前後の直球にチェンジアップ、スライダーなどを制球よく織り交ぜ、関西学生野球リーグでは2度の無安打無得点試合を達成。石田、今永、浜口ら左腕がいるDeNAのの先発陣には「学べる部分は多い。楽しみで仕方ない」と意欲的に語っていた。(金額は推定)