男子テニスのマスターズ上海大会は10日、第8シードの錦織圭(28=日清食品)が初戦の2回戦で世界ランキング415位のウ・イビン(18=中国)と対戦。第1セットを3―6で落としたが、第2セットを6―0、第3セットを6―3で連取。逆転勝ちで3回戦へと駒を進めた。

 第1セット第2ゲームで先にブレークした錦織だが、すぐさまウがブレークバック。第8ゲームでもウにブレークを許し、錦織が第1セットを落とす予想外の展開となった。

 だが第2セットは錦織が第2、第4、第6ゲームでブレークに成功して6ゲームを連取。6―0と圧倒し、セットカウントをタイに戻した。

 第3セットは第6ゲームで先にブレークに成功し、サービスゲームをきっちりとキープして6―3で試合が決着。序盤は苦戦したものの、最後は中国出身の18歳に力の差を見せつけて逆転勝利を収めた。