フィギュアスケート男子で五輪連覇を成し遂げた羽生結弦(ANA)が11日、都内で行われた「ビッグスポーツ賞」の表彰式に映像メッセージを寄せ、来季の現役続行を明言した。

 「平昌五輪の金メダルはずっと誇りにしたいと思います。今シーズンはいい演技ができ始めていましたが、ロシア大会でケガをしてしまい、GPファイナル、全日本選手権と欠場となってしまいました。来シーズンこそGPシリーズを通して優勝を目指したいと思います。ありがとうございました。より一層努力していきます」とコメント。それに加え、「来シーズンは4A(4回転アクセル)込みのパーフェクトパッケージを目指します」という決意の直筆メッセージも披露された。