マリナーズ・菊池雄星投手(28)は11日(日本時間12日)、次回先発予定の13日(同14日午前11時10分開始)の本拠でのホワイトソックス戦に向け、ブルペンで40球の投球練習を行った。

 短い間合いからテンポ良く全球種を投げた。「頭で考えるよりもテンポから入った方がいい時のことを思い出す」と菊池。ここまで29先発で6勝9敗、防御率5・24の成績。次回が30先発目となる。前回7日のアストロズ戦は、5回5安打1失点、5三振2四球と、地区首位を走る強力打線相手に好投したが、勝敗は付かなかった。

 首位に立った古巣西武の動向もきになる様子。「めっちゃ応援しています。(結果を見るのは)毎朝のルーティンです。打線がえぐいっすもんね」と笑顔で話した。(シアトル・笹田幸嗣通信員)