大相撲初場所は14日、東京・両国国技館で5日目を迎え、綱獲りが絶望的となった大関・貴景勝は琴勝峰と対戦。突き落としで下し、待望の初白星をつかんだ。

 カド番大関の朝乃山は栃ノ心を一気の攻めで寄り切って完勝。今場所初の連勝で白星先行となった。同じくカド番大関の正代は宝富士を寄り切りで下して4勝1敗となった。

 大関復帰を目指す関脇・照ノ富士は北勝富士を押し出しで下して3勝目を挙げた。

 このほかに、平幕では28場所ぶりに幕内復帰した35歳の明瀬山が豊昇龍を寄り切りで破って5連勝。明生が徳勝龍を寄り切りで、大栄翔が高安を押し出しで下して、それぞれ全勝をキープした。