総合格闘技「RIZIN.28」(6月13日、東京ドーム)の追加カード発表会見が4日、都内で行われ、朝倉未来(28)とクレベル・コイケ(31=ブラジル)の対戦が決まった。

 昨年11月にRIZIN初代フェザー級王座決定戦で斎藤裕(33)に敗れた朝倉にとっては再起2戦目。ボンサイ柔術の強豪を「KOしたい」と勝利を誓った。

 RIZINの榊原信行CEOは大会について「無観客でもやる」と改めて明言。総試合数は10〜11になるとし、「オールスターで臨みたい。年末に引けを取らない豪華ラインアップを用意したい」と約束した。