東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、都内で記者会見を開き、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱った喜劇を演じていたとしてSNSなどで批判されていた開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏を解任したことを明らかにした。

 開会式前日の緊急事態に、橋本聖子会長は「開会式は何とかやらせていただきたいと思う。IOCとも相談して、内容は不備がないようにしないといけないと思っている」と話した。

 今後の対応について、橋本会長は「明日の開会式をどう行うかは現在検討中。早急に結論を出したい」と話すにとどめた。

 武藤敏郎事務総長は「今日中に開会式の内容について組織委から発表する予定」と明かした。