湘南の山口智監督(43)が25日、オンラインで取材対応。23日に急性うっ血心不全のため急死したMFヒューエル・オリベイラ選手について「正直いまだに信じられない。受け入れられない自分がいるのは間違いない。日常を普通に送っている状態ではないところは僕自身を含めてチームにはあるが、時間は待ってくれない。彼の思いも背負ってやっていこうという話はして、みんなは取り組んでくれている」と話した。

 27日のホーム徳島戦では献花台を設置する予定。さらに勝てば来季のJ1残留が決まる大一番を前に、指揮官は「生前彼がいるときにも皆に言っていたのは、やっぱり“湘南らしさ”は常々表現しないといけないと話していた。本質的なところは、そういう状態でもやろうということを選手は理解してくれている。応援してくださる皆さんに対しても見せれる今年最後のホームの試合なので、そういう意味では楽しみではある。そういう思いも背負って(選手たちは)やってくれると信じている」。チーム一丸となって、残留を決める。