レアル・マドリードはベティスからダニ・セバージョスを獲得した事を正式に発表した。
移籍金は最終的に約1,700万ユーロ(約21億9,000万円)となった。

【関連記事:テオ彼女 “裏切り”で炎上】

20歳のダニ・セバージョスはレアル・マドリードと2023年6月までの6年契約を交わした。
彼の入団発表は7月20日(木)の13時からエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウの貴賓席で行われる予定となっている。
その後、彼は新加入選手恒例のフォトセッションを行うためにレアル・マドリードのシャツを身にまとい、初めてサンティアゴ・ベルナベウのピッチに降り立つ他、記者会見も予定されている。

そして、翌21日にダニ・セバージョスはアメリカ遠征中のチームに合流する予定である。
思い出す必要があるのはセバージョスは6月にスペイン代表の一員としてU-21欧州選手権を戦っているため、まだ1週間ほどバカンスを与えられているという事である。

FCバルセロナも獲得を狙っていたセバージョスは最終的にレアル・マドリードでプレーする事となった。
彼はマドリーにとって今夏、ローン移籍から出戻ったバジェホ、ジョレンテ、ボルハ・マヨラル、そしてアトレティコ・マドリードから獲得したテオ・エルナンデスに続く5人目の新加入選手となる。