今週15日(土)、セネガルのダカールで行われたスタッド・ドゥ・モンブールとUSウアカムが対戦したリーグカップ決勝でスタジアムの壁が崩壊する事故が発生した。
最初の公式統計によると死者は8名、重傷者は49名にも及ぶという。

【関連記事:悲劇 1人のサポーター袋叩き】

セネガルの公式通信社『APS』の報道によると、衝突していた両チームのサポーター同士を引き離すために警察が発射した催涙ガスから逃れようとした観客達がパニック状態となり、殺到した事で一部の壁が崩壊したという。

全ては警察が催涙ガスを発射した事で始まった。
この事故はスタッド・ドゥ・モンブールが2-1で勝利した延長戦終了直後に発生した。