FCバルセロナのヴェラッティとパウリーニョ獲得の最初の計画は失敗に終わっており、クラブ内でもそれは認識されている。
両選手に対してバルサ加入を説得し、言行においてその意思を表現させている。しかし、両選手たちの権利を持つクラブを納得させるには至らず、とんでもない大きなミスを犯している。

【関連記事:バルサ PSGへ驚きの提案へ】

バルサは選手たちから“Yes”の返事をもらえれば、PSGも広州恒大も選手を手放さざるをえないと考えていた。しかし、サッカー界において何かが変わってきており、選手の意思表示だけでは契約を解除するのが十分ではなくなってきている。

■作戦変更
パウリーニョ獲得については4,000万ユーロ(約51億円)という金額を下げることが目標であり、可能性がないわけではなさそうである。一方のヴェラッティについてはPSGの移籍マーケットでの動きを注視する必要がありそうだ。もし、彼らが必要な補強をすれば、ヴェラッティを手放す可能性も出てくる。

そのタイミングでバルサは再び交渉をする必要があるだろう。しかし、PSGはチャンピオンチームの構築を目指しており、同選手との契約はどちらにしろ困難なものになるのはかわりない。だが、バルサが最後まで諦めることはないだろう。