アンデル・エレーラは現在の所属クラブであるマンチェスター・ユナイテッドで十分に満足している。監督モウリーニョのもとユナイテッドの一員としてプレシーズンに励んでいるエレーラはユナイテッドでのキャリアに集中しており、FCバルセロナ移籍の可能性を完全に否定している。

【関連記事:ダニーロ チェルシー移籍間近】

「FCバルセロナについて確かなことは何もない。なぜなら、自分はマンチェスター・ユナイテッドで幸せであり、価値を感じており、ユナイテッドに全力を捧げている。」とLAギャラクシー戦後に語っている。

エレーラはバルサの新監督エルネスト・バルベルデのお気に入りの選手の1人であり、すぐにその名前はバルサの補強リストに挙がっていた。しかし、エレーラはモウリーニョにとって重要な選手であり、放出の可能性が非常に低い選手である。実際、イギリスメディアの中では2018年6月に終わる同選手の契約の更新がすぐに行われると推測されている。

現在、エレーラはレアル・マドリードとのヨーロッパ・スーパーカップに向けて万全の準備を進めている。「マドリーは現在最も力のあるチームであり、チャンピオンズリーグを2連覇している。しかし、スーパーカップはとても楽しみにしている。」