ネイマールはエルネスト・バルベルデがFCバルセロナのアメリカツアーが始まる前に与えた休日を利用し、近親者と共に地中海のフォルメンテラを訪れている。

【関連記事:バルサ副会長 ネイマール残留は?】

SPORTが得た情報によれば、再びパリ・サンジェルマン(PSG)がネイマール獲得に動き出しているということである。PSGはネイマールに最初のオファーを出しており、ネイマールが移籍を受け入れるのであればオーナーのナーセル・アル=ヘライフィーは移籍金2億2,200万ユーロ(約287億円)の支払いに対して前向きな姿勢を見せている。

現状、ネイマールも同選手の代理人である父親もこれについては何も語っていないが、写真のようにボートの上で密談する様子は様々な噂を呼んでいる。
写真には真剣な様子で話し合う2人とは対照的に他の乗客がボートの上での優雅なひとときをただ楽しむ姿が写っている。