アメリカツアーに向け旅立ったFCバルセロナはネイマールの退団について否定したものの、選手本人はこの件について口を開くことなく、アメリカに飛び立っている。一方で、ブラジル国内ではネイマールがPSGでプレーするブラジル人選手たちと来季は一緒にプレーすることになると伝えたと報道されている。

【関連記事:ネイマール オファー詳細5つ】

『Lance』紙によれば、PSGに所属するブラジル人選手たちはすでにネイマールがPSGに加入するという情報を受け取っているということである。

ダニエウ・アウベスのPSG加入は、ネイマールにとって快適で安全な環境を作り出し、新プロジェクトのエースとして同選手を迎え入れるというPSGの強い意思表示である。実際、FCバルセロナとブラジル代表において共にプレーしているネイマールとアウベスの親交が深いことは周知の事実である。

■ネイマールの父親
次のステップではネイマールの父親がPSGと契約の詳細を詰めることになると『Lance』紙は説明している。

全てはネイマールがバルサと共にアメリカツアーを行っている間に行われるが、このツアーの終着点はシャルル・ド・ゴール空港(パリ)になるかもしれないと報じられている。

■肯定も否定もしていない
PSGは世界屈指の選手を新プロジェクトのために獲得しようとしている。ズラタン・イブラヒモビッチが退団して以降ずっとそのように考えており、ネイマール獲得のためなら移籍金2億2,200万ユーロ(約284億6,000万円)の支払いに前向きなようである。

なお、ネイマールもPSGも交渉について肯定もしていなければ、否定もしていない。