ミランはこの夏すでに多くの選手を獲得しているが、まだ十分ではないようだ。リカルド・ロドリゲス、ケシエ、ムサッキオ、ボリーニ、コンティ、ハカン・チャルハノール、アンドレ・シルバとすでに7人を獲得している。

【関連記事:ミランが準備する最後の衝撃】

その後、ドンナルンマとも契約延長、ボヌッチのユベントスからの電撃移籍を成し遂げたものの、ミラン新オーナーのリー・ヨンホンはまだまだ補強を考えているようであり、3人の名前が挙がっている。その3選手とはベロッティ、カリニッチ、レナト・サンチェスである。そのうちの1人であるカリニッチはすでに契約目前とされている。実際にフィオレンティーナのトレーニングを離れ、契約合意しているとイタリアでは報道されている。

また、レナト・サンチェスもバイエルン・ミュンヘンで満足のいくインパクトを残せておらず、十分に可能性を残している。一方のベロッティは、トリノがエースを簡単に放出させるとは考えられず、まだどうなるか先行きは不透明である。

ファイナンシャル・フェアプレー?そんな言葉はミランの新オーナーには関係ないようだ。