マンチェスター・シティは左SBコラロヴのASローマへの移籍の邪魔をするつもりはない。マンチェスター・ユナイテッドとのフレンドリーマッチでコラロヴを起用しなかったことからも、シティが同選手を引き留めるつもりがないことは明らかだ。

【関連記事:ペップ アグエロ残留を主張】

「離脱したがっている選手と一緒に働きたくはない。彼はローマ移籍のビッグチャンスを掴んでいる。彼の今後の幸運を祈る」と監督グアルディオラはコメントしている。

コラロヴは2010年にラツィオからシティへ加入し、計247試合に出場している。

セルビア代表コラロヴはグアルディオラの下で左サイドバック及びミッドフィールドでプレーしていたが、この度シティがディフェンスエリアの大改革を進める中で移籍を決心した。

すでにカイル・ウォーカー(史上最も高額なディフェンダー)を獲得したシティ。ダニーロも加入寸前とみられており、今後モナコに高額な移籍金を提示することでナンパリス・メンディをも獲得する可能性がある。