ユベントスからレアル・マドリードに復帰してから1年後、FWアルバロ・モラタが再びマドリーを去ることになった。今度の移籍先はセリエAではなくプレミアリーグのチェルシーだ。

【関連記事:モラタ チェルシーの検査合格】

2014年にはマドリーへの復帰の願いを口にしたモラタだが、今回は「(マドリー帰還は)難しい、ないと思う。考えもしていない」と語っている。

チェルシーがモラタの可能性に賭けていることは、5年間の契約と8,000万ユーロ(約103億6,000万円)の移籍金からうかがえる。モラタは今回の移籍でスペイン選手史上最も高額な選手となった。

2011年に5,800万ユーロ(約75億円)でリバプールへ移籍したフェルナンド・トーレスを抜いたモラタであるが、マドリー所属時代は補欠扱いであり、前シーズンに出場した試合はわずか14だった。

ジョゼ・モウリーニョは高騰し続ける移籍金について次のような見解を述べている。
「昨今支払われている移籍金はクレイジーで、選手たちの実力に相当していない。」

「偉大な選手と優秀な選手の間には差があるが、現在は普通の選手のケースですら莫大な移籍金が動いている。」
ちなみにマンチェスター・ユナイテッドは、先日8,470万ポンド(約110億円)の移籍金でエバートンからロメル・ルカクを獲得している。

現在のところ、ベルギー代表のルカクはモラタの移籍金を上回る唯一の選手であり、ルカクとモラタはフランス代表のアレクサンドル・ラカゼット(5,300万ユーロ:約48億6,000万円)と共に今夏の移籍市場の高額選手トップ3である。

今夏の移籍シーズンもプレミアリーグのクラブが金に物を言わせて大型選手を次々と獲得している。
昨年はユナイテッドが100億ユーロ(約130億円)でポール・ポグバを獲得し、ガレス・ベイルの記録を破った。

今回の移籍でアルバロ・モラタは、ハメス・ロドリゲスやアンヘル・ディ・マリアの記録を抜き、高額移籍ランキングのトップテン入りした。

モラタが足を踏み入れたプレミアリーグは、スペインやイタリアよりもフジカルなプレーをする傾向がある。ジエゴ・コスタに代わる選手として加入したモラタであるが、フィジカル面はコスタの方が優れているのが興味深い点だ。