ネイマールの移籍の可能性に関して、バルサにとって非常に厳しい状況である。ネイマール父とバルサ幹部らが会合して明らかになったのは、ネイが現在PSGからビッグオファーを得ており、断るということが非常に難しいということだ。

【関連記事:ネイマール 契約専門家を派遣】

いずれにせよ、バルサ側はネイマールに移籍の扉を開く気がないこと、移籍金2億2,200万ユーロ(約287億円)を支払うほか移籍の道はないこと、ネイマールの年俸を上方修正する気はないことを告げている。ネイマールは先日バルサと契約を更新していることもあり、クラブ側は年俸アップに応じられない。

ネイマール移籍事件にはもうすぐ決着が着くだろう。バルサ側はすでにスタンスを明らかにしている。ネイマール父と幹部らの会合により良い結果は得られなかったが、ネイマールがまだPSGと契約を取り交わしていないことは明らかになった。バルサ側はネイマールともPSGともこれ以上何も話し合わない。すべてを決断するのはネイマール本人だ。

これまでにすでにバルサはネイマールを説得するためにできるだけのことはしている。新監督エルネスト・バルベルデを筆頭に、バルサにとってネイマールが重要であることを説き、メッシやスアレスも説得に当たった。しかしその後家族との対話により、ネイマールの心は再び揺れている。