FCバルセロナの主将であるジェラール・ピケがSNSではっきりとしたメッセージを発信したにも関わらず、ネイマールは未だに渦中にいる。このブラジル人FWに近い情報筋から『SPORT』は「ネイマールはまだ最終判断を下していない、昨日の出来事はネイをバルサ残留に近づけたが、危機が終わったとは考えていない。」

【関連記事:ネイマールが葛藤 仲間の想い】

ピケはInstagramでネイマールと共に撮った写真を投稿し、「彼は残る」とメッセージを添えた。これがこの数週間クラブを揺らがしたネイマールの移籍騒動を終わらせると考えられた。しかし、まだ我々は待たなければならないようだ。

ネイマールと父親は現在アメリカに滞在、バルサ会長のジョセップ・マリア・バルトメウはバルセロナに戻り、PSGはパリで次の動向を探っている。
しかし、ネイマールは近々最後の言葉を放つ予定である。