バルセロナで移籍市場の全注目を集めているのがネイマールだとしたら、ロンドンでその役目を担っているのはアレクシス・サンチェスである。
2人は共にPSGへの移籍が噂されている。

【関連記事:ネイマール 最終判断「まだ」】

しかし、アーセナルの指揮官、アーセン・ベンゲルはPSGがアレクシス獲得に関心を抱いているという噂をきっぱりと否定し、PSGのターゲットはネイマールだと語った。

「私はアレクシスがパリにいたとは思わない。PSGはネイマール獲得を目指しているので、アレクシス・サンチェスを獲得する事はできない。私は最近3、4日の間に『L’Equipe』でターゲットがサンチェスからネイマールに移行した事を読んだ。あなた方は彼らがネイマールと話している事を知っているでしょう。」
『The Mirror』紙のインタビューでベンゲルはそのように語った。

ベンゲルはサンチェスがまだガナーズ(アーセナル)との契約を残している事、アーセナルが彼を手放す気がない事を強調した。
「サンチェスはあと1年契約を持つ。そして我々はお金を作る必要性を持たない。従って、彼は来季のチームの一員となるだろう。それを書く事を望んでいないのは分かっているが、それが私からあなたに言う事ができる見解だ。」