FCバルセロナのブラジル人ストライカー、ネイマールの移籍騒動が止まない中、バルサ一行がワシントン入りをした。ワシントンでは7月27日に強豪マンチェスター・ユナイテッドと対戦。
現地時間19:30(日本時間午前8:30)にキックオフを迎える。

【関連記事:バルサ 超有名DJを貸切り】

バルサのアメリカ―ツアーはユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードの計3試合となっている。
22日にはユベントス戦が行われ、渦中にあるネイマールが圧巻の5人抜きを見せバルサが2-1で勝利を飾った。

プレシーズンながらレオ・メッシ、ネイマールを筆頭にバルサの選手達は好調ぶりを見せている。
イングランド・プレミアリーグにおけるユナイテッドの16-17シーズンの成績はリーグ6位であった。内訳は18勝15分5敗、勝ち点69、得失点差25となっており、失点数は29点と少なさはリーグ2位となっている。

対するバルサは16-17シーズン、リーグ2位ではあったものの総得点116点とし、リーガ・エスパニョーラでその高い攻撃力を証明した。
守備が特徴的なユナイテッドと抜群の攻撃力を擁するバルサの一戦は果たしてどちらに軍配が上がるのか注目が集まる。

そして最後のビックマッチ伝統のクラシコは、初のアメリカ開催となる。フロリダ州マイアミガーデンのハードロックスタジアムで、7月29日19時半(日本時間30日8:30)にキックオフとなる。