ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョのバルサ移籍が一歩前進した。バルサとコウチーニョは全面的な合意に至ったとカタルーニャのラジオ局『RAC1』が報道した。最後の難関は所属クラブのリバプールとの交渉だ。

【関連記事:ピケ迫るか ネイマールの核心】

現在バルサの代理人がリバプールに滞在し、コウチーニョの移籍の交渉を行っている。既に選手本人とは個人的な合意に至っており、リバプールと移籍金額についての話を詰めるところまで来ている。

リバプールは以前バルサの8,000万ユーロの(約104億円)のオファーを蹴っているが、バルサはなおも交渉を続け、トップチームにコウチーニョを引き入れたい所存だ。
既にバルサは何シーズンも前からコウチーニョに着目していたが、リバプールとその指導者ユルゲン・クロップは同選手の離脱を断固拒否して来た。