マスチェラーノとジェラール・ピケの神妙な面持ちがネイマールの去就についての現状を表しており、この件については日に日にいろいろな展開がある状況である。そして現在、FCバルセロナはネイマールの去就がネガティブなものになることをおおいに恐れている。

【関連記事:PSG ネイマールに答え要求】

SPORTがバルサから得た情報によれば、ネイマールをチームに止まらせるための考えうる全ての手段は尽くしたということである。それゆえに、バルサのチームメイトたちはネイマールがバルサ残留の意思表示をSNSもしくは今後のプレスカンファレンスですることを願っている。

ネイマールは逃げも隠れもせず、「PSGから真剣なオファーをもらっており、慎重に考えている。」と明らかにしている。そして、いつものようにコミュニケーションをとっているものの、最終的な判断について誰にも明かしておらず、チームメイトの不安は日に日に大きくなっている。

それゆえに、バルサ内ではネイマール去就について悲観的になってきており、ネイマールの沈黙は悪いサインだと推測されている。そして、バルサはこれ以上必要のない不安は避けたいと考えており、早急に現状を明確にしたいと考えている。