ネイマールが参加するはずだった中国でのプロモーションイベントが中止されたと、このイベントを企画した旅行代理店Ctripが発表した。理由はネイマールのPSG移籍にあるという。

【関連記事:ネイよ、去るなら早く去れ!】

マイアミでの練習中にポルトガル代表DFセメドといさかいを起こしたネイマールは、その後直接中国へ飛び、様々なプロモーションイベントに参加するはずだった。

中国最大の旅行代理店Ctripが、7月31日にネイマールが参加するはずだったイベントが中止されたと発表した。このことから同選手の移籍交渉が進んでいることが推測される。
旅行代理店は中止の理由について「ネイマールとバルサが移籍市場に関する案件で多忙にしているため」と語っている。

全文は以下の通り。
「大変残念ながら、7月31日にネイマールの参加が予定されていた“Fans Meeting”イベントの中止を発表する。ネイマールと彼のクラブは移籍市場に関する案件で多忙であり、7月31日に上海で開催されるイベントに参加することを確約できない。そのため、我々はイベントの中止を決定した。」

既にこのイベントへの参加を申し込んだファンたちは、入場料の払い戻しを受けることになる。
「我々は支払われた金額の全額を払い戻し、お客様に相当の賠償を行う」とCtrip社は発表している。
このイベントは豪華ホテルでネイマールがファンたちと集うというもので、入場料は199元(約3,260円)だった。

しかしキャンセルの原因として、このイベント自体がネイマールの了承をとっていなかったという説もある。