仏スーパー杯決勝のモナコ戦で勝利したPSG。試合後ダニエウ・アウベスが記者会見でネイマールJr.のPSG移籍についてコメントした。
「実現することを願うよ。彼の決定に僕は全く口を挟むことはできない。これは彼にとって非常に重要な決定だ」とアウベスはコメントした。

【関連記事:ネイマール クラシコで無得点】

アウベスはネイマールとの友情について次のように語った。
「彼が僕らのクラブに来ることを願う。彼は親友の一人で、僕はいつも友人と一緒にいるのが好きなんだ。彼の決定に口を挟むことはできないが、僕たちは両腕を広げて彼を待っている。」

「彼がバルサに加入する際の手助けをした。しかし、彼の代わりに決定をした訳じゃない。こういった決定は勇敢なものにしかできない。僕は勇敢だったから、バルサを離れる決意をし、ユベントスも離脱した。もし彼が残りたいなら残ればいい、もし来たければ来たらいいと思う。僕が望むのは、どのクラブにいても彼が幸せであることだ。そしてその場がPSGなら良いと思う。」

「毎日彼と会話する。今は難しい時期だと思う。多くのものが口を出し、介入したがるからね。」とアウベスは締めくくった。