FCバルセロナの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウが、『The New York Times』紙のインタビューで驚きのコメントをし、ネット上で批判を生んでいる。チャビ、イニエスタ、メッシのバルサの歴史における重要さを伝えたかった会長だが、なぜか「チャビ、イニエスタ、メッシ、その他の選手たちは問題だ」と言ってしまったのだ。

【関連記事:バルトメウ チャビの発言に喝】

以下、会長バルトメウの発言:
「選手になるのは非常に難しい、そしてレオ・メッシやネイマール、チャビ、イニエスタ、ブスケツ、ピケと一緒のクラブでプレーをするのはとても複雑なことだ。チャビはトップチームに15年間所属した。その間、彼と同じポジションでプレーしていた15名の選手たちが離脱したのだ。」

「そして、メッシ、、、誰が新メッシになるのかということについてだが、確かに新たにメッシのような選手が既にいたのかもしれない、しかし、彼らはバルサを出なければならなかった。なぜならそこでプレーし続けることができなかったからだ。チャビは我々が遅れをとったのが問題だと言ったが、しかし問題はチャビにあったのだ!彼がイニエスタやピケと共に問題を作ったのだ。」

会長バルトメウが言いたかったのは、チャビやイニエスタ、メッシが優秀すぎて、その他の選手らがバルサで成功することを妨げた、と言いたかったのであるが、言い方がかなりマズかったために、再び批判されることとなってしまった。