バルサの技術担当責任者は、コウチーニョのような創造性豊かな才能を持った中盤の選手を獲得する優先権があり、ネイマール放出が確認された時、トップレベルのアタッカーを連れて来るために、すでにマーケットを調査している。

【関連記事:バルサ諦める ネイマール残留】

このポジションは考えられていなかったが、金額によっては、理学療法士の加入を塞いでしまうかもしれない。
しかしながら、スタッフ陣は、メンバーによく走るタイプの中盤の選手を持つことが良いことだと考えており、その明らかな選択肢がパウリーニョだった。バルサは予期せぬネイマールの移籍の前に全ての計画を変更しなければなかった。そして、マーケットの動きと値段に注意を払っている。