ジネディーヌ・ジダンの次男ルカ・ジダンがレアル・マドリードでデビューを飾っている。19歳のGKルカはシカゴで行われアメリカツアー最終戦となるMLSオールスターとの試合の残り18分に出場している。

【関連記事:ジダン待機「CR7は戻る」】

ルカのデビュー戦は良い部分と悪い部分の両方があった。試合が行われたソルジャー・フィールドのピッチに足を踏み入れた数分後には同点ゴールを許したが、PK戦の1人目をセーブし、レアル・マドリードに勝利をもたらしている。

ルカは、ハーフタイムにケイラー・ナバスと代わって出場したルベン・ジャニェスに代わって投入されている。ドム・ドワイヤーのゴールはどうする事も出来なかったものの、同選手のPKは阻止している。また、ジオバニ・ドス・サントスのPKも外れ、レアル・マドリードがアメリカツアーで初勝利を手にしている。

今シーズン、ルカはトップチームに帯同し、注目を集めていた。退団の可能性の高いジャニェスに代わり、ルカが第3GKになることが濃厚である。間違いなくジダンという名を持ち、監督ジネディーヌ・ジダンを父親に持つ特権である。