バルサのトップチームの選手らは、3日息の詰まるような暑さの中で鈴木大輔擁するタラゴナ戦に向けて練習を実施した。

【関連記事:マスチェラーノの役割が変化】

選手たちの脳裏にネイマールの件がわだかまる中、監督バルベルデはルイス・カレーラス率いるタラゴナ戦(現地時間20時〜)の出場選手リストを発表した。
主要な選手たちはこの試合に起用されず、実質バルサにとって“ウォーミングアップ”と言ったところである。

■デウロフェウのデビュー戦
この試合に起用される選手の一人がFWジェラール・デウロフェウだ。プレシーズンのアメリカ遠征に同行しなかったデウロフェウだが、タラゴナ戦でそのプレーを披露することになる。ネイマール離脱直後だけに、人々の関心は高い。

また3日の練習にはバルサB所属のカルレス・アレニャや、アドリア・オルトラが参加したが、本戦に召喚されるのはアレニャのみだ。試合は4日20:00(日本時間5日4:00)から行われる。

レオ・メッシやルイス・スアレス、ジェラール・ピケ、セルヒオ・ブスケツ、アンドレス・イニエスタはこの試合を欠場し、シウタ・エスポルティーバ練習場にて4日の朝9時半よりトレーニングを実施する予定だ。

タラゴナ市のノウエスタディ・スタジアムに遠征する選手の顔触れは以下の通り。
GK
テア・シュテーゲン
シレッセン

DF
マルロン・サントス
マスチェラーノ
ジョルディ・アルバ
ディニュ
セメド
ドウグラス

MF
デニス・スアレス
フェルメーレン
アレニャ
セルジ・ロベルト
アンドレ・ゴメス
サンペール

FW
パコ・アルカセル
デウロフェウ
ムニル
アルダ・トゥラン