欧州チャンピオンズリーグ3次予選ラウンド第2戦のレギア対アスタナ戦ではアスタナがレギアを激戦の末に下した。ポーランド人サポーターは観客席でマスゲームを行い、ワルシャワ蜂起の場面を再現した。

【関連記事:原口を彷彿させるCL開幕弾】

レギアのゴールが決まった際に、サポーターは巨大なマスゲームで、ナチスのドイツ兵が子供の頭に銃口を当てる様を再現し、1分間の黙祷を捧げた後に国家を斉唱した。

この行為は1944年のワルシャワ蜂起へのオマージュであり、ヒトラーとドイツ兵によるワルシャワの弾圧を思い出す行為だった。この弾圧により、子供を含む18万人ものワルシャワの人々が死亡した。

『蜂起は2か月間続き、18万人もの死者を出した』

ヒトラーはワルシャワを完全に破壊せよと命じ、10月2日の無差別で激しい弾圧により、蜂起は終焉を迎えた。

去る8月2日、レギア対アスタナ戦のキックオフ前に、両チームの選手は抱擁を交わし、黙祷を捧げ、ポーランドの国家を斉唱した。この欧州CL戦の中でも最も感動的なシーンと言ってよいだろう。