ブラジルのサントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)とFCバルセロナからネイマール移籍に関わる合計1,340万ユーロ(約17億5,000万円)を要求していると地元メデイアが報じている。

【関連記事:FIFA ネイマール移籍は正当】

『Globoesporte』によれば、サントスはPSGに対してネイマールの契約5%(約12億円)とバルサに対して契約を履行できなかった約6億円を要求しているということである。

ネイマールがサントスからバルサに移籍した際、バルセロナとブラジルで1試合ずつ親善試合をする契約をしていた。

最初の試合はジョアン・ガンペール杯で2013年8月に行われ、バルサがサントスを8-0で粉砕している。

2試合目はブラジルで行われる予定だったが、行なわれることはなかったため、サントスは6億円を要求している。

同報道によれば、サントスはバルサに手紙を送ったということであるが、未だに返事はされていないようだ。

また、サントスは12歳から21歳までサントスでプレーしたネイマールの移籍金2億2,200万ユーロ(約289億円)の5%を受け取るためにPSGとも接触を図っている。

FIFAは国際的な移籍に関して育成クラブへの移籍金の5%の支払いを命じている。

なお、『Globoesporte』によれば、ネイマールは元所属クラブのサントスとこれ以上の問題を避けるためにPSGの役員に支払いをお願いしているということである。

一方のサントスはネイマールの代理人も務めるネイマールの父親が行ったサントスからバルサへの移籍に関わる賠償金も請求していた。