ロナウジーニョは「ネイマールの代わりになれる選手は複数いる。そして、コウチーニョはそのうちの1人である」と語っている。

【関連記事:メッシ唯一 CL最優秀候補】

2003年から2008年までFCバルセロナでプレーしたロナウジーニョは、ネイマールが去った今、それと同等レベルの選手を獲得する必要があると考えている。

そして、リバプールに所属するコウチーニョをバルサは考えているようであり、ロナウジーニョもコウチーニョであれば、ネイマールの穴を埋められると考えている。
しかし、リバプールはコウチーニョの価値とバルサがこの夏に受け取った移籍金も理解しているだけに同選手獲得はバルサにとって簡単ではない。

PSGでもプレーしたロナウジーニョは、FCバルセロナについて「PSGよりも優れており、歴史がある。しかし、両チームともタイトルを争えるレベルにいる」と説明している。

またネイマールについても、「自分の心に従うようにアドバイスした。そして、彼がそれをできたことを願う」と語っている。