13日に行われるスーペルコパ・デ・エスパーニャのクラシコに向けて練習に余念のないバルサであるが、7日(月)にはホームでジョアン・ガンペール杯のシャペコエンセ戦を控えている。

【関連記事:バルサ イエゴ獲得が目前に】

6日(日)、トップチームの選手らは早朝からシウターエスポルティーバ練習場でバルベルデ監督の指導の元、練習に励んだ。練習にはオルトラやアレニャなどの下部組織の選手らが参加したが、負傷したラフィーニャやフェルメーレン、アンドレ・ゴメスの姿は無かった。

この練習後、27歳の誕生日を迎えたドウグラスが祝福を受ける一幕があった。
プレシーズン開始からノンストップで動くバルサのトップチーム。7日月曜日のシャペコエンセ戦では、カンプノウのサポーターたちと久しぶりに対面することになる。