監督ベンゲルはアレクシス・サンチェスを試合のメンバーに招集せず、サンチェスは不満を示している。

【関連記事:バルサ 天才デレ・アリに注目】

4日金曜日、ベンゲルはサンチェスに言及し、幾度となくサンチェスがアーセナルを離れないと語っていた。
しかしながら、ウェンブリーでの試合でサンチェスを取り巻く新らたな話題が浮上してきている。そして、ベンゲルはサンチェスを手放す気はないものの、同選手のアーセナル残留が再び不確かなものになりつつある。

チェルシーとの一戦にサンチェスがスターティングメンバーに名を連ねることは予想されていなかったものの、メンバーにも入らなかったのは大きな驚きだった。ベンゲルは彼をメンバーに入れず、ローラン・コシールニーやメスト・エジルと同様にスタンドからの観戦にしている。そしてこれにより、同選手の去就について多くの憶測を呼んでいる。

4日金曜日、ディエゴ・コスタがチェルシーに対して退団を要求したと報道されており、5日土曜日にはマフレズが同様にレスターからローマへの移籍を希望していると話題になっている。これに続いてサンチェスの移籍の噂も大きくなってきている。

ロンドンではベンゲルとサンチェスの間には大きな溝があり、サンチェスは最後の最後まで移籍を試みることになるだろうと言われている。つまり、この3週間はエミレーツ・スタジアムから目が離せない。