アルバロ・モラタがチェルシーでのデビュー戦で失敗を犯した。FAコミュニティーシールドで、元レアル・マドリード所属FWは、ベンチからピッチに投入された。
アーセナルとのPK合戦で失敗し失意のモラタに、監督アントニオ・コンテは厳しい喝を入れた。

【関連記事:モラタ トーレス抜いて新記録】

チェルシー監督コンテは、先週すでにモラタに対しフィジカルコンディションを改善するように示唆していた。アーセナル戦でモラタをベンチスタートさせたのは、そのことが理由かもしれない。

試合74分にフィールドに投入されたモラタは、PK戦でシュートをゴールポストに当てて、絶好のゴールチャンスを逃した。

「モラタは努力し上達しなければならない。身体のコンディションを整え、我々のサッカー観を理解することが重要だ」と監督は語った。

今週12日(土)にチェルシーはバーンリー戦でプレミアリーグ開幕を迎える。