ミランがイブラヒモビッチの獲得を考えていることが、SDマッシミリアーノ・ミラベッリの発言で明らかになった。

【関連記事:イブラ提示 マンU移籍の条件】

イブラのミラン復帰は、サポーターたちの夢でもある。
「人生において起こり得ないということは無い。もしかしたら、我々の旧知の選手が戻ってくるかもしれない」とミラベッリは語った。

マンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了して以来、イブラヒモビッチは依然無所属である。現在足を負傷しているイブラだが、回復次第冬の移籍市場での獲得が可能だ。

これはミランファンの夢想にすぎないかもしれないが、ロサンジェルス・ギャラクシーへの移籍が実現しなかっただけに、古巣のミランへの復帰も無いとは言えない。

ミランで活躍したシーズン2010-12までの間に、イブラは計85試合中56ゴールを実現し、不振が続いていたミランにスクデットをもたらした。

SDミラベッリは、ドンナルンマの契約更新騒動にもかかわらず、代理人ミノ・ライオラが顧客に抱える選手たちと、今後も交渉する構えがあることを明らかにした。