リーグアン1部所属のニースは7日(月)、オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルの獲得を発表した。33歳のスナイデルはこれまでアヤックス、レアル・マドリード、インテル、ガラタサライに所属し、メディカルチェックも7日に通過した。

【関連記事:スナイデル 衝撃告白で大炎上】

オランダ代表は、2010年にインテルでセリエA優勝、同じ年の南アフリカW杯では決勝進出、2014年ブラジルW杯では3位に輝いており、空港に6日(日)に到着した際には多くのファンに歓迎された。

『L’Equipe』デジタル版によれば、契約は1年間で、1年間の契約延長オプション付きだという。背番号は『10』を身にまとう予定。

ここ数年、ニースはハテム・ベンアルファ(PSGに移籍)やイタリア人FWマリオ・バロテッリのような行き詰まった選手たちが再び輝きを取り戻すことができるチームとして変貌を遂げている。
過去にレアル・マドリードに在籍(2007-2009)していたスナイデルは、131試合出場31ゴールというオランダ代表の歴代記録を保持している。