ガレス・ベイルは数ヶ月もの間、レアル・マドリードで目立った活躍を見せていない。
彼の怪我は、昨シーズンの活躍を再び妨げ、ピッチ復帰後も望ましいプレーを叶えていない。このプレシーズン期間、アメリカでのツアーの後サポーターに注目され、多くの人々がマンチェスター・ユナイテッドでのプレーと多額の収入を望んでいた。しかし、ジダンの裏付けによりベイルは生き残り、状態が悪いにもかかわらず、最近の情報では落ち着いていても大丈夫と言われている。

【関連記事:CR7「プレミア帰りたい」】

イギリス紙『The Guardian』によると、レアル・マドリードは既にガレス・ベイルに対し、今夏の移籍の可能性はなく引き続きマドリードの選手でいるだろうと告げたようだ。
そして、その理由は、レアル・マドリードの今夏の最大の目的であった、将来有望な若きフランス人キリアン・ムバッペ獲得に起因する。モナコの選手は今夏には移籍せず、ウェールズ人にとってはかなりダイレクトなポジション争いが想定されたが、今のところは一息つくことができる。

残念ながら、プレシーズンの数試合では、大きな前進は無さそうだが、マドリーはガレス・ベイルについて、以前の彼の様に戻るだろうと、盲目的信仰を持っているようだ。
UEFAスーパーカップでも出場機会を得るだろう。レアル・マドリードは8日にマケドニアで、まさにガレス・ベイルを最も狙っているマンチェスター・ユナイテッド相手に対戦する。そして、大方の予想では控えだったが、ジダンのプランはベイルをスタメンで起用するはずだ。

5日(土)に休暇から戻ったクリスティアーノ・ロナウドの不在は、何度目かの名誉回復のための試みとして、ガレス・ベイルにポジションが与えられるだろう。

■ウェールズ人にとっての“極上の人生”
現在のところ、ベイルは“極上の人生”を送るようだ。
『The Guardian』は、もし次の獲得候補がムバッペだとしても、今夏の加入はないだろうと報じている。
モナコはあと1年、最大の移籍金を得るために選手を手元に留めておくつもりである。
しかし、マンチェスター・ユナイテッドも毎シーズンの補強を進めており、今夏はルカクやマティッチを獲得している。